2005

ニュース
12月27日
(火)
雪下ろし!!
12月5日から降りだした雪は、12月としては観測史上始まって以来の大雪と成り、飯南町赤名では138pの積雪を記録した。当町の酒谷市地区でも12月24日(土)、115pの積雪だった。
12月18日(日)と12月23日(金)〜24日(土)、酒谷自治会では有志15〜6人が、雪により窓ガラスが壊れかかっている酒谷集会所の外回りの除雪をした後、独居世帯7軒の道開け・雪下ろしをされた。地区で除雪機も購入されており、酒栄会のメンバーが中心となって、『自分たちの地域は自分たちで護る』と、ボランティアで汗を流された。自己中の多い中、人口・世帯の少なくなった地域を支える為に活動されている。見習いたいものだ。(残念ながら写真がありません)
12月1日
(木)
新恵比寿橋竣工
町道千原八神線改良工事『新恵比寿橋架橋工事』、舗装工事終了し通行可能となる。
昨年度下部工・本年度上部工が発注され、坂東建設(千原)により工事が行われていた『千原八神線-新恵比寿橋架橋工事』、昨日上部舗装工事が終わり、今日より通行可能となった。坂根・湯谷境の湯谷川に架かる恵比寿橋(橋の上側の袂に大草さんと言うお宅があって、恵比寿屋と言う屋号だった)の上流の一段高いところに建設されたPC橋で、、坂根連坦地に上がってから橋を含め200m以上と、直線距離が長く施工は難しかったようだ。平成14年度から始まった千原八神線改良工事は平成19年度中に、終点の佐藤隆博さん宅上部のカーブ迄改良が終わるようだ。
11月25日
(金)
第2回歳末助け合いチャリティショープログラム
先日、第2回歳末助け合いチャリティショープログラムが配布された。
年末恒例のチャリティショー、今年も30の団体が歌・踊り・演奏・芝居・神楽などを演じられる予定です。師走のひと時、忙しい中にも一息ついて、ご家族おそろいで楽しい時間を過ごしてください。
 

 
11月21日
(月)
邑智郡青少年剣道大会開催
昨日(11月20日)、川本警察署主催の邑智郡青少年剣道大会が川本警察署武道場にて開催された。
邑智郡内から7クラブ・同好会の19チームが出場、美郷町からは大和剣友会・小松地少年剣道クラブ・木積スポーツ少年団の3クラブ・同好会の11チームが参加した。10時より低学年・高学年の男女混合団体戦総当たり戦が行われ、その後レクレーションとして風割りゲームがあった。
木積スポーツ少年団の試合成績は、次の通りです。

低学年Aチーム(4勝0敗) 川本警察署長賞(優勝)    高学年Aチーム(3勝0敗) 川本警察署長賞(優勝)
低学年Bチーム(2勝1敗1分け) 殊勲賞                高学年Bチーム(1勝1敗1分け) 優秀賞
低学年Cチーム(1勝3敗)     敢闘賞
11月20日
(日)
悠邑ふるさと市開催さる!!
午前10時より、西ノ原『中央市場』にて、『悠邑ふるさと市』が開催された。
今日は昨日と打って変わって好い天気で、朝早くから『つくし会』の方々が準備され、10時の開店前からお客さんが三々五々来られ、開店遅しと待って居られた様だ。白菜・大根・手づくりこんにゃく・自然薯・・・・などが並び、好い天気に誘われ次々とお客さんが来られ、用意した品物は3時までには完売したようだ。


第2回美郷町駅伝競走大会開催!!
秋晴れの紅葉の中、第2回美郷町駅伝競走大会が開催された。
午前10時より邑智小学校グランドにて参加26チームの役員・選手が集まり開会式。午前11時、湯抱温泉大橋をスタート。Aコープ邑智前→マートハロー前(→JR浜原駅前→浜原大橋→)カヌー博物館入り口→JR粕渕駅前(→五つ角→宝来橋→高畑集会所→Aコープ前4差路)の5区間を中継し、ゴールは邑智小学校。トップチームは11時40分過ぎにはゴール。最終チームがゴールしたのは、12時過ぎだった。選手・役員の皆さんお疲れさんでした。沿道の応援の皆さんありがとうございました。
結果詳細は下記の通りです(11月21日追記)。
総合成績(1位、ザ・代走 0:41:58 26位、ばぼちゃんア・ミーゴ 1:01:05)
1位、ザ・代走 2位、川本陸友会 3位、川本高校陸上部 4位、邑智高校カヌー部コマンダー 5位、君谷体協
6位、8時だよ!幸田軍団全員集合 7位、吾郷体協 8位、邑智中野球部A 9位、浜原体協 10位、邑智中剣
道部牛若丸 11位、チーム119 12位、有限会社月橋印刷 13位、邑智中野球部B 14位、中国電力邑智電
力センター 15位、BUSH CUTMANS 16位、チェ10(ちぇじゅ) 17位、邑智高校カヌー部マッカー 18位、
だしきれ!剣道ガールズ 19位、ぺ40(ぺよんじゅう) 20位、美郷町役場 221位、沢谷体協 22位、邑智中
野球部C 23位、東洋の魔女 24位、激走ウーマン 25位、チーム火の用心 26位、バボちゃん・アミーゴ 
一般の部 高校の部 中学の部 女子の部
 1位、川本陸友会
 2位、君谷体協
 3位、吾郷体協
 4位、浜原体協
 5位、チーム119
 6位、有限会社つきはし印刷
 7位、中国電力邑電力センター
 8位
BUSH CUTMANS
 9位、美郷町役場
10位、沢谷体協
11位、チーム火の用心 
1位、ザ・代走
2位、川本高校陸上部

3位、邑智高校カヌー部コマンダー
4位、邑智高校カヌー部マッカー
1位、8時だよ!幸田軍団全員集合
2位、邑智中野球部A 
3位、邑智中剣道部牛若丸

4位、邑智中野球部B
5位、ぺ40(ぺよんじゅう)
6位、邑智中野球部C
1位、チェ10(ちぇじゅ) 
2位、だしきれ!剣道ガールズ
3位、東洋の魔女
4位、激走ウーマン
5位、バボちゃん・アミーゴ
11月17日
(木)〕
悠邑ふるさと市開催
来る11月20日(日)、美郷町内4箇所において『美郷町悠邑ふるさと市』が開催される。
沢谷では、昨年同様、沢谷保育所となりの『沢谷中央市場』にて『つくし会』の主催で開催される。午前10時から午後3時まで、猪肉の加工品のサービスがあるようです。良い天気になるようです。お誘い合わせの上御出でいただき、ワイワイがやがや楽しんでください。他の3箇所は、別府やなしおの里・久保ふらわ市・グリーンロード375まほろば市です。夫々に色々なサービスがあるようなので、はしごも良いかなと思います。
11月15日
(火)
美郷町行財政改革大綱答申案住民説明会開催!!
今年5月に発足した『美郷町行財政改革審議会』による、行財政改革大綱答申案の住民説明会があった。
『美郷町行財政改革審議会』による、行財政改革大綱(答申)が最終決定なされ、今夕7時より、粕渕の邑智会館に
て邑智地区住民に対しての説明・質疑応答の会合が開催された。審議委員9人・推進本部役員6人(吉川助役以下
担当課長)が出席、邑智地区住民30人余り(町議会議員3名・高校生2名・町職員?名・一般住民?名・・・・・・・!!
)が参加し、吉川推進本部長の挨拶、吉田審議会委員長の経過報告・『美郷町行財政改革大綱答申案』及び『美郷
町への提言』に関し内容説明があり、続いて勝部推進本部事務局長より、行改革大綱に基づく2009年度までの『年度別実施計画案』の説明があった。その後質疑応答に移り、5人の方から質問・提言があり吉田委員長・担当課長が答えた。明日16日午後7時、都賀公民館で大和地区住民を対象に会合を開催し、大綱の説明・質疑応答を受ける。その後11月24日に町長へ答申するとの事。詳細(大筋のみ)は次の通り

〔吉川推進本部長挨拶要約〕
    ・伸ばすものは伸ばし抑えるものは抑える。
    ・行財政改革は以前のものを否定することであり、強い姿勢を以って行うもの。
    ・以前のような安直なことでは進められない。
    ・町民みんなで痛みを分かち合う。
    ・協働の力を以って推進できるよう願う。
〔美郷町行財政改革大綱答申案〕
 T、行財政改革の目標
    1、財政の抜本的改善と住民の満足度の向上
    2、地方分権に対応した行財政システムの構築
 U、行財政改革のの基本方針
    1、住民にわかりやすい行財政改革
    2、住民参加の行政運営
    3、簡素な業務の実現
    4、組織・機構の見直しと人材育成
    5、財政の健全化
 V、行財政改革の推進期間
    平成15年度より5年間とするが、改革にはスピードが重要であり出来るだけ最初の3年間に集中的に推進・
    実行するよう要望する。
 W、推進方法
    『年度別実施計画』を作成し、進捗状況を公開する。
 X、行財政改革の推進項目
    1、組織・機構の見直し
    2、職員数・給与などの見直し
    3、人材の育成
    4、行政情報化の推進
    5、情報公開の推進
    6、『協働のまちづくり』の推進
    7、財政運営化の推進
    8、補助金の整理・統合
    9、第三セクター・公社等の経営改善
   10、公共事業の見直し
   11、公共施設等の効率的な管理運営
   12、公営企業経営の健全化
〔美郷町への提言〕
  1、徹底した情報公開について
     あらゆる情報を速やかに公開し、住民にわかりやすい町政の運営に努めて欲しい。
  2、『協働のまちづくり』について
     『住民の、住民による、住民のための行政(まちづくり)』を目指すため、
     1、行財政の現状をわかりやすく説明し、厳しい状況を認識させる。
     2、中長期の財政計画を提示し、住民に将来の展望を抱かせ、現在の痛みを分かち合う。
     3、官民が共同で、新規事業に取り組む。
  3、自治会活動の活性化
     小さな自治会は統合し、連合自治会を地域コミュニティブロックの中核としての機能を発揮させ、まちづくり推
     進に積極的に取り組ませる。
  4、住民の意識改革について
     協働を達成させるため、住民に自主自立の精神を植えつける事が大切。そのため行政・住民の行う分野の
     区別を明確にし納得を得る。
  5、観光立町の実現
     これと言った産業も無く、少子高齢化により人口は減少の一途をたどっている。だが豊かな自然・風土・施設
     などを活用し、今後、観光に注力することが一つの生き方と考える。
  6、公共事業の有り方について
     厳しい財政状況下では、事業う内容の適正化と厳密な精査が必要、又競争原理に基づくコスト削減も重要な
     課題。
  7、第三セクター・公社等の経営改善
     抜本的な改善は見えておらず、経営改善に早急な対策が必要。
  8、補助金・負担金の見直しについて
  9、受益者負担の適正化について    
     税負担と受益者負担の公平を目指す。
 10、組織・機構の見直しについて
     現在15ある課を8〜10とし簡素化を図り、又横への機動性も持たせる。
 11、組織のあり方(応援体制)について
     組織間の枠を低くし、横断的な仕事のやり方を進める。
 12、職員数の見直しについて
     定員削減計画の確実な実施を望む。
 13、職員給与のあり方について
     時限立法的な措置で自主的な削減を図り、住民と痛みを分かち合い、町への信頼をかち得る。
 14、人事評価制度について
     職員にやる気を喚起し、常に自己啓発にいそしむような新しい人事評価制度への移行を望む。
 15、職員の意識改革について
     恵まれた職場環境で働けることに感謝し、住民から慕われるような存在であれ。さわやかな挨拶を基本とし、
     住民のために身を粉にして働くと言う意識を持て。
 16、公用車両の見直しについて
     職員3人に1台と言う現状は明らかに多すぎる。
 17、保育所の見直しについて
     町営の3保育所を法人化すると共に、最終的には邑智地区は2〜3箇所とする。
 18、業務品質の向上
     人員削減による住民サービス・業務処理能力など業務品質の低下を防ぐため、ISO9001の取得を提案。
 19、公民館活動について
     邑智・大和地区ではかなりの差がある。活発化のための施策の加速を要望。
 20、行政評価制度の導入について
     将来の方向性を客観的敵に見極められる制度なので早急に導入されるよう要望。
 21、美郷町ホームページの活用
     他町村と比べ情報量が少ない。住民に対するサービス・情報の公開と言う観点からも早急な改善を要望。
 22、新規事業の開発と雇用の場の創出について
     歳出のカットだけの行財政改革ではいかにも後ろ向きの感がある。歳入の拡大を図るため、官民が一丸と
     なって新規事業の開発に取り組むよう要望。
 23、実施項目の目標管理について
     年度別実施計画は、掲示板・ホームページへの掲載をし周知徹底するよう要望。。
〔美郷町行財政改革大綱に基づく年度別実施計画案〕
  行財政改革推進項目12項目ごとに取り組む内容を決め、担当部課を決め、年度別に調査・検討・施行・実施の
  具体策を提示。
〔質疑・応答〕
  1、情報公開は如何に?
      ・できるだけすべて公開する。
      ・住民の視点に立つ・情報の共有・情報により住民に参加してもらう、と言うことを公開の目的とする。
  2、進捗状況のチェックは?
      ・議会に任せず住民にさせて欲しい。
      ・審議会としては、半年に1度チェックする。
  3、新規事業を起こすことについて
      ・高齢化対策の事業を起こすことにより、多角的な効果があると思うが如何に?
  4、職員・住民の意識改革を!!
  5、職員の提案制度の活用を
  6、地域のリーダーたちの意識の改革を!!
  7、みんな仲良くしていこう!!
  8、今日の会合への参加の呼びかけを、積極的に働きかけていただきたかった。
 10、職員を減らすのではなく、給与を町内民間並みに下げ仕事の分かち合い・痛みの分かち合いをしたら如何?
 11、保育所を減らすことは子育てにとって不利となるが?
     ・スクールバス利用などによる送迎も一案と思う。
 12、ISO取得は税金の無駄使いと思うが?
     ・ISO取得に500万円必要だが、取得により職員の意識改革がなされ職員一人が他の部署へ回ることがで
      きれば元は取れる。
〔最後に〕
   今後の方針として
      1、住民のための住民による行政
      2、私心を捨て公に立脚する
   本部としての柱は
      1、住民の参画
      2、職員の意識改革
    

第2回美郷町駅伝競走大会出場チーム決定!!
来る11月20日(日)開催される『第2回美郷町駅伝競走大会』のエントリーが、昨日(11月14日)締め切られ一般11チーム・高校生4チーム・中学生6チーム・女子5チームの、計26チームのエントリーがあった。
午前9時30分邑智会館にて開会式、11時湯抱温泉スタート。粕渕→浜原→亀村→高畑を経由し邑智小学校終点。5区間12.4kmのコース、5人の走者で繋ぐ。出場チームは下記の通りです。

 〔一般の部〕
      君谷体協、沢谷体協、浜原体協、(有)つきはし印刷、川本陸友会、美郷町役場、中国電力邑智電力セン
      ター、吾郷体協、BUSH CUTMANS,チーム119、チーム火の用心
 〔中学生の部〕
      邑智中県道部牛若丸、8時だよ!!幸田軍団全員集合、邑智中野球部A、邑智中野球部B、邑智中野球
      部C、ぺ40(ぺよんじゅう)
 〔女子の部〕
      ボバちゃんア・ミーゴ、激走ウーマン、東洋の魔女、出し切れ!剣道ガールズ、チェ10(ちぇじゅう)
 〔高校生の部〕
      ザ・代走、川本高校陸上部、邑智高校カヌー部 マッカー、邑智高校カヌー部 コマンダー

選手の皆さんがんばって〜〜。町民の皆さん、声援よろしくお願いいたします。
11月14日
(月)
第2回美郷町産業祭『みさとふるさとまつり』開催!!
11月13日(日)、快晴の中多くの人出が有り賑わった。
開会の9時頃は少し肌寒い感じでしたが、徐々に気温も上がり人出も増え、バザー・露店もたくさん出店され、一日中ワイワイがやがやと賑やかでした。
前日の土曜日(11月12日)は前夜祭。地芝居と町内神楽団4社中の競演があり、町民の方ばかりでなく遠く『東京邑智会』『近畿邑智会』から30人以上が帰省され、会場の邑智会館は超満員。多くの人たちが弁当を食べ、お酒を酌み交わしながら11時前まで楽しんだ。詳細写真は後ほど
11月11日(金) 第2回美郷町産業祭開催!!
明日土曜日、夕方6時からの前夜祭で始まる『みさとふるさとまつり』、今年は会場を一つにして盛大に行われます。
 
 〔前夜祭〕
   山村開発センターにて下記の催しがあります。
     18:00  地芝居      『高田の馬場』    吾郷青吾会
     18:50  神 楽       『塵輪』       都賀西子供神楽団
     19:50  神 楽       『天の岩戸』    乙原神楽団
     20:30  神 楽       『紅葉狩』        都神楽団
     21:15  神 楽       『八岐大蛇』    千原神楽団
        ※商工会青年部・女性部によるそば・巻き寿司・焼き鳥・飲み物などの販売が有ります

 〔産業祭〕
   メイン会場(役場駐車場)では
      9:00  開会式
      9:30  保育所園児による演技及び餅まき
      9:50  創作ダンス
     10:10  邑智中学校・邑智高校吹奏楽部ジョイントコンサート
     11:00  国際友好協会イベント
     11:10  第23回鴨山駕籠かき大会(開会式)
           (12:00 邑智小学校グランドスタート)
     12:40  花のある風景コンテスト表彰式
     13:00  駕籠かき大会表彰式・閉会式
     13:30  芸能大会
     14:30  JA女性部イベント
     14:50  森林組合イベント
     15:20  農林産物品評会出品物即売会
     15:40  商工会青年部イベント(ビンゴゲーム大会)
   保健福祉センターでは
     町の保健室:保険相談、体脂肪測定、血圧測定、骨量検査など
     福祉コーナー:高齢者・障害者作品展示即売
   邑智小学校体育館では
     町内小学校・中学校作品展示
     下水道展
     生活改善推進協議会展示
     農林作物品評会出品作物展示

       
11月8日
(火)
県道邑智赤来線九日市工区開通式
本日午前11時より、県道邑智赤来線九日市工区の開通式が、新花の谷橋近くの特設会場で行われた。
九日市上市から猪子田バス停の間はカーブがひどく道幅も狭く、通学路であるにもかかわらず歩道が無く、自動車の離合・歩行者の安全確保のため、この区間(首なし)を花の谷側に渡るバイパス化が計画され、平成14年度から事業が始まり平成15年度九日市橋着工、16年度には九日市橋が竣工・花の谷橋が着工し、17年度本日前項区が竣工。本線片側3m・歩道2.5m、九日市橋橋長25m・花の谷橋橋長35m、工区延長640m、総工費4億5,000万円。地区民待望の『首なしバイパス』が開通した。
晴天ながら時折強い風の吹く天気の中、沖野美郷町長・吉川助役・田辺教育長・吉田町議会議長ほか町執行部・沢谷選出の景山・高橋両町議会議員が出席し、島根県議会副議長州浜繁達氏をはじめ隣町の山崎飯南町長・難波飯南町議会副議長そして植田川本土木建築事務所長を来賓に迎え、吉川助役の開式のことばより式が始まった。川本土木建築事務所関係職員・施工業者そして地元地権者・報道関係者が見守る中、沖野美郷町長の式辞・植田川本土木建築事務所長の事業経過報告があり、来賓を代表して州浜島根県議会副議長の祝辞があった。来賓紹介の後、山崎飯南町長の唱和により万歳三唱が行われた。その後花の谷橋の橋名板除幕があり、橋名板の字を書いた沖野美郷町長そして邑智小学校6年生の児童たちが、4枚の橋名板の除幕を行った。次に沖野美郷町長・州浜県議会副議長・吉田町議会議長・山崎飯南町長・植田川本土木建築事務所長・施工業者代表今井久師今井産業社長そして邑智小学校6年生の湯浅sigekiくん・中田momokaさんの8人によるテープカットが行われた。その後沖野美郷町長はじめ矢上九日市2区自治会長などにより、九日市2区自治会員手づくりの紅白餅の餅撒きが行われた。12時前全行事が終了し、町長車を先頭に通り初めが行われ『首なしバイパス』が開通した。記念品は、美郷町町花の本州石楠花の苗だった。
11月1日
(水)
イルミネーションでライトアップ!!
今夕7時より、別府地区でiイルミネーションでライトアップが始まった。
美郷町中山間地域活性化事業別府元気な集落づくり事業の一環として行われるもので、各戸に20メートルのイルミネーションが配布され、各家庭が独自のデザインで飾り付けをされたもの。午後7時から9時まで点灯されるとの事。
10月25日
(火)
『沢谷元気な集落づくり事業計画』承認さる!!
昨年11月末に第1回の会合を持ってから1年余り、会合を重ね事業計画を策定し、先週提出された『美郷町中山間地域元気な集落づくり事業‐沢谷ルネッサンス回廊計画』が、昨日10月24日(月)事業承認となった。対象戸数は265世帯、交付額380万円です。
〔事業の目的・内容〕
沢谷の地域資源・人材を活用し、地域個性を伸ばし新たなふるさと再生を図ることを目的とする。
具体的には、沢谷を縦断する石見銀山街道の保存と情報の発信、石楠花や桜・もみじの植栽による沢谷回廊づくりと鑑賞会のイベントの開催、高齢者の農産物作付けによる無人市・そば道場などにより地域内外の人の動きを作り出す。また既存の行事である、はやしこう・祭花・運動会・盆踊り・文化祭などを継続していくことで、地域の誇りづくりを進める。
〔具体的事業内容〕
 1、地域の個性発見事業
    ・石楠花・桜・もみじの植栽
    ・沢谷回廊案内板設置
    ・石楠花パーク・沢谷三里千本桜・紅葉街道の看板設置
    ・酒谷番所案内板設置・雲石境木の復元
 2、地域再発見イベント開催事業
    ・盆踊り、秋祭りのはやしこう・祭花奉納
    ・石楠花祭開催
    ・沢谷交流センター広場での交流イベント開催
 3、コミュニティビジネス創出事業
    ・食文化研究・無人市の拡大
    ・そば道場開設
    ・沢谷案内人の養成
 4、情報発信事業
    ・ホームページの開設
    ・沢谷周遊マップの作成
以上自治会が中心となって、沢谷地域住民全員参加を前提として、沢谷を元気にする事業が始まります。
尚、10月24日現在、町内13連合自治会の内7地区の事業が承認・実施段階に入っています。承認になった他地区の事業を紹介します。
 1、浜原連合自治会(対象戸数308世帯、交付額380万円)
     旧浜原小学校を活用して、住民の親睦・交流の拠点とする事により、地域の一体感を醸成する。
       ・グランド整備費、整地機材・放送用機材の購入費
 2、粕渕連合自治会(対象戸数433世帯、交付額380万円)
     ゴールデンユートピア裏山へ桜の植栽・遊歩道の設置をし桜公園として整備。
     商工会が計画している空き店舗対策に関連して、高齢者が集える交流サロンの設置。
 3、別府連合自治会(対象戸数129世帯、交付額380万円)
     別府地域周辺の環境美化やホタルの里づくり、古里の味コンテストなどにより、地域の誇りづくりと田植え
     囃子などの継承。
     イルミネーションによるライトアップ、スポーツ大会の開催、グリーツーリズムの試行。
 4、都賀西連合自治会(対象戸数101世帯、170万円)
     古くから都賀西神楽団が活動しており、子供神楽を育成であり、事業では子供神楽に特化し計画策定を
     行い、子供神楽の衣装の整備をした。
 5、上野連合自治会(対象戸数77世帯、交付額185万円)
     文化・スポーツ活動の促進、ふれあい会館の機能向上・情報活動の活発化を中心とする。
     文化・伝統芸能用具、音響機器、PC、プロジェクターなどの購入。
     グリーンツーリズムの推進
 6、潮・曲利連合自治会(対象戸数49世帯、交付額188万円)
     潮農村広場と潮谷川渓流を整備し、癒しとスポーツレクレーション交流を実施。
     潮温泉と集会所中心として、都市や世代間交流の輪を広げる。    
10月24日
(月)
開通間近・・・
県道邑智赤来線改良工事九日市工区が近々完工する。
改良の話が出てから25年以上、九日市連担地(九日市町上・下)が着工してからでも23年になると思う。王子神社(西ノ原)前から森奥敏郎さん宅(猪子田)前までの2キロ余り、『貝の平』の山切・川替えの大工事、連坦地川側の民家移転、そして昨年からの『首なしバイパス』工事。『九日市橋』と『新花の谷橋』を架け『首なし』をバイパス化した工事が今月中に終わる様だ。来る11月8日(火)、『花の谷橋』特設会場にて開通式が挙行される。
9月16日
(金)
石見銀山遺跡、世界遺産登録へ推薦決定!!
政府は15日、外務省で世界遺産条約関係省庁連絡会議を開き、石見銀山遺跡を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に推薦することを正式決定した。推薦名称は『石見銀山遺跡とその文化的景観』で、2,007年7月ころ開催の世界遺産委員会で可否が決定されるが、決定はほぼ間違いないようだ。詳細はこちらから
9月12日
(月)
第44回衆議院選挙投票結果!!
昨日(9月12日)、午前7時から投票が始まり午後7時に投票が締め切られ午後8時より開票された第44回衆議院選挙島根2区は、下記のような結果でした。

小室寿明
(民主党)
34,999票

亀井久興
(国民新党)
72,098票

向瀬慎一
(日本共産党)
10,704票

竹下亘
(自由民主党)
127,118票
尚、亀井久興氏は比例代表中国ブロックで国民新党が1議席を獲得し、同党比例単独1位で重複立候補していた為復活当選となった。
島根1区は、細田博之氏(自由民主党)が125,310票を獲得し当選された。
投票率は、島根県全体が75.81%で13回連続の日本一の投票率。美郷町は、82.75%で県内13番目だった。ちなみに最高は海士町の88.21%、最低は松江市の69.97%だった。
(数字はいずれも9月12日1時00分現在の数字です)
9月6日
(火)
邑智高校・川本高校統合実施計画、議決さる
9月5日、邑智高校と川本高校の統合実施計画がまとまり県教育委員会で議決された。7月25日の説明会が『邑智高校の統合を憂う会』の反発で流れ、8月22日の意見交換会でおおむね理解が得られたと判断し諮ったもので、下記の様な内容です。
  1、県内初の普通科総合選択制を取り入れる
      ・1学年4学級で定員160人
      ・普通科選択制は、自由選択科目の中でコースを変えて選択学習が出来、4コースの開設予定
  2、2007年4月に現在の川本高校に開校
  3、校名は公募する
  4、開設コースや教育目標,部活動など教育内容は、両校関係者・地元・県教委で作る開校準備委員会で検討
    し、分野 ごとの案を保護者・住民に投げかけ、意見を反映させ 最終決定をする
  5、通学区域の全県拡充の検討
  6、通学費など生徒の経済負担を支援する制度を創設
8月30日
(火)
第44回衆議院選挙告示
第44回衆議院選挙が告示され、島根2区(出雲市以西)では自民党・民主党・共産党・国民新党から一人ずつ計4人の方が立候補、12日間の選挙戦が始まった。投票日は9月11日。
8月29日
(月)
施餓鬼供養
昨日(8月28日)、九日市集会所にて九日市観和会主催の施餓鬼供養があった。朝7時より観音堂の掃除。9時半より法要。御導師は、粕渕の円光寺さん。もお50年以上続いている行事で、以前は地区外からもお参りがあったが、近年は九日市町下だけとなり、また地区内の戸数も減り参加者が段々と減ってきた。読経、法話、塔婆の読み上げと続き、年に1回聞くご詠歌の心地よさに居眠りも・・・・。法要は11時過ぎに終了。
8月24日
(水)
邑智高校・川本高校統合方針に関する意見交換会開催
8月22日(月)、開発センターにて邑智高校・川本高校統合方針に関する県教育委員会と美郷町民の意見交換会
が開催された。
「邑智高校が統合校にならない統合方針が、地元に説明の無いまま発表された」として、邑智町商工会・青年部有
志、美郷町建設業協会有志、美郷町職員組合、邑智高校PTA、粕渕連合自治会有志で組織する『邑智高校の統
合を憂う会』の反発で、7月25日の県教育委員会の説明会が流会となり、意見交換会を開催すると約束した県教
委が開催した。
150人余りの町民が来場。冒頭、広沢卓嗣教育長が「住民に不安を与えた事をお詫びしたい」と、地元説明の遅
れたことを陳謝した。その後、事前に受けていた質問に回答した。

 1、2007年度の統合後、統合校と邑智・川本の3校が並存する2年間、1学年ずつ減る邑智高校での授業の態
   勢は如何になるのか?
   回答:3校で教員を一定規模確保し、3校を行き来させて対応する。
 2、通学対策は如何に?
   回答:美郷町の通学助成打ち切りも考えられるため、支援制度を創設し、JR三江線と石見交通バスのアクセ
       ス改善も事業者に働きかける。
 3、統合校の校名は?
   回答:地域の意見を聞き判断したい。
 4、2009年度以降の次期再編計画は如何に?
   回答:矢上高校を含めた邑智郡内の高校のあり方が検討課題になる。

県教委は、9月に開校準備委員会を設置し、個別の問題について住民と意見交換を続けるとの事だ。

下記に、『邑智高校の統合を憂う会』が沖野邑智高校後援会長及び田辺美郷町教育長に提出した「意見書」の要
約を、紹介します。


邑智高校後援会長殿
美郷町教育長殿

  本会としては、先ず県教委に
   1、これまでの県教委の本件に対する対応の不適切さを正式に謝罪するよう求める。
   2、県教委の謝罪があることを前提として、別記する問題点について意見交換を進める。
  町村合併と言う大事業を成し遂げたばかりであり、町行政としても余裕が無かったかもしれないが、合併市町
  村に対する思いやりどころか、逆にひどい仕打ちとなった今回の統合問題、さらに旧邑智町が多大の犠牲を払
  って邑智高校を支えてきた経緯を考えれば、行政に携わってきた関係者は住民以上に強い意志を以って県教
  委と接して欲しかった。
  今後の県教委との折衝については、邑智高校後援会にお任せしたい。

                                                  邑智高校の統合を憂う会
  〔別記〕
  ※謝罪
    下記4項目に対する県教委の正式な謝罪を要求する。   
     1、平成16年の地元邑智町での意見交換会以降、地元住民に対する十分な説明なしに今回の統合方針
       が発表になった事。
     2、5月21日の山陰中央新報の記事、間髪をおかずの知事発表並びに議会決議と地元無視で進められ
       た事。
     3、後期再編計画の条件クリアを第一義に地元は努力を重ねてきたが、その条件を満たしている段階で、
       今回の統合計画が地元に何の説明もなしに公表された事。
     4、昨年のパブリックコメントに対する県教委のコメントが一切無かった事。
   
  ※高校再編計画
     1、1学級本校に関する県教委の検討結果の公表。
     2、7月25日、1学級では教員配置が不十分であり、財政的に県費単独での教員過配が困難との三浦教
       育監の説明があったが、その反面地域振興は県を挙げて行うと明言されている。経済比較において問
       題は無いのか、県教委と横の関係機関の連携は確認済みか?
     3、1学年4〜8クラスの高校が子供たちにとって理想であり、今回の高校再編はこれを目指してるとの
       事。県内全体の再編計画は如何に?
     4、1学年4〜8クラスの高校を目指すと言う今回の再編計画は、郡内の子供の数からみると、直ぐに再々
       偏が必要になると思うが余りに展望が無いのでは?
     5、過疎地の高校の在り方に対する将来像について県教委の考え方は?
     6、過疎地の小学校の統合を、今回の高校の統合と同一視した説明がなされているが、規模的・教育効
       果において全く次元が異なる。認識を改めて欲しい。
     7、邑智中学校と中高一貫教育を実施させておき、道半ばで頓挫させるのは余りにもお粗末。教育者とし
       て子供たちに責任を感じないのか?
     8、今回の統合は、美郷町・川本町の子供たちの為にと言う言い方をしているが、邑智郡・大田市の子供
       たちの為にと考えるべきでは?そして進学を目指す子供たちだけに配慮するのではなく、もはや義務
       教育化された高校として、ニート予備軍を出さない配慮も必要ではないかと考えるが如何?
  ※新入生・在校生に関する事
     1、1学級本校の検討結果の公表。
     2、「高校再編計画」の2項に関し、経済比較においての試算の提示。
     3、教職員配置のシュミレーションを示し、現在邑智高校で実施している教育の質を完全統合まで落とさな
       い事の確約とその堅持に向けた方策の提示。
     4、部活動の在り方については、合同チームでの出場も可能と伺っているが、邑智・川本両校にある部に
       おいてはそれぞれが母校であり、他校の名前で出場することは心情的に認めたくない。生徒減少によ
       り団体が組めない原因は統合にあるとするならば、「邑智・川本高連合チーム」としての出場させるべ
       きでは?
     5、現在の邑智高校1・2年生及び保護者を対象とした説明会の開催をすべき。
     6、三瓶・太田方面から川本へのバスと汽車の接続は如何に?
     7、三瓶・太田方面の生徒で経済的・家庭環境的に邑智高校しか選べなかった子供たちへの対応は?
     8、美郷町が高校存続のために行っている通学助成が、存続不可能となり打ち切った場合、県は当然同
       様の助成をすべきと思うが如何?
     9、三江線ダイヤについては、統合校の日程優先のダイヤと成る様県は責任を持てるか?
    10、カヌー部の生徒は美郷町で寮生活が出来るように、またカヌーやテニスなど美郷町内の施設を使って
       部活動が出来ないか検討する。
    11、校区問題については、大田・飯南・江津・出雲エリアを含めた形で再編すべきと考えるが如何?
    12、公的交通機関の必要性も当然ながら、あわせて安全な通学路確保の観点から主要幹線道の早期整
       備を望むが具体的な考えは如何に?
  ※地域振興に関する事
     1、美郷町内を走る石見交通バスは、高校生の乗車がなくなれば撤退も想定される。県の責任で存続さ
       れなければと思うが如何にお考えか?
     2、定住問題と高校の在り方について、県知事の考えを問いたい。

                                                             以上。
8月7日
(日)
写真展開幕!!
午前10時、『沢谷を愛する人々の交流写真展』が開幕しました。
午前9時過ぎより、実行委員により開会式の準備が始まり会場を飾る花のセッテングなどが終わった午前10時、開会式が始まりました。実行委員長の挨拶、事務局の経過報告に続き、来賓の吉川美郷町助役・林元邑智町長・高橋町議会議員・景山町議会議員の祝辞の後、坂東実行委員長と来賓4名の方によりテープカットがあり、写真展が開幕しました。
開会式出席の皆さん方、早速会場内の写真を鑑賞。『ふん〜〜〜、そんな事もあったな〜〜、懐かしいな〜〜』など感想を洩らしながら、ゆっくりと会場内を周って居られました。じっくり見ると1時間では見られないと思います。孫を連れてこられた方・兄弟でまた親子で来られた方もあり、これから人が人を呼び会場は賑わうと思います。
猛暑が続くと思います、休憩所は十分に用意してあります。休憩しながらゆっくりと鑑賞してください。

草刈

今日は沢谷交流センター周囲の盆前の草刈。
当番は1区・2区。午前8時より交流センター外部の草刈・清掃が始まりました。普段会う事の少ない他地区との合同作業、ワイワイがやがや、皆さん楽しくやっておられました。
7月29日
(金)
島根県消防操法競技大会出場壮行式
本日午後6時より、役場裏駐車場にて、島根県消防操法競技大会出場壮行式がありました。
町村合併があって始めての大会で、美郷町からは沢谷分団の精鋭5名(添谷正夫・岡山勝樹・道下大・桧垣栄作・谷君)が出場します。4月19日の第1回目の練習から早2ヶ月と10日、選手の皆さんは勿論、指導された消防署・お手伝いをされた沢谷分団の方のほか消防団の方たち、そして選手の家族の方たちも大変だったろうと思います。
8月7日(日)、邑南町での県大会に上位入賞できるべく仕上がっているようです。あと1週間、怪我の無き様最後の追い込み頑張ってください。
7月26日
(火)
沢谷地域社会福祉協議会座談会開催
邑智社会福祉協議会が大和と合併後初めての座談会が、沢谷交流センターにて7月26日(火)午後8時より開催された。
沢谷社協役員・自治会長・民生委員ほか一般の方が多数集まられた。初めに福間美郷町社会福祉協議会会長の挨拶があり、職員の紹介の後、日原事務局長以下担当職員より事業概要などの説明がありました。一通り説明があった後、質疑応答の時間が設けられた。介護扶助費の値上げや認定、また子育て支援等について熱心な質疑応答があり閉会したのは10時前でした。
7月24日
(日)
第20回邑智夏まつり花火大会
今年も1,700発余りの花火が打ち上げられ、大勢の観客を魅了しました。日中35℃前後あり夕方になっても33℃もありましたが、心地よい風が吹き大勢の人たちが繰り出しました。
午後6時過ぎから、スポーツ少年団の邑智クイーンJr(バレーボール)・邑智スパローズ(野球)によるアトラクションがありました。会場に向けてビーチボールなどのプレゼントがあり大いに賑わいました。
その後千原神楽団による『大蛇退治』が舞われ、おじいさん・おばあさんの軽妙な演技に会場は笑いに包まれ、大蛇が5匹登場し所狭しと舞うと会場からヤンヤの喝采でした。
8時過ぎから本番の花火の打ち上げが始まり、会場は大勢の人で一杯に成っていました。今年は天気もよく適当に風がありスムースに花火が打ち上げられました。見事な花火が打ち上げられる度に会場からどよめきが上がり、拍手が起こりました。
花火終了後お待ちかねのビンゴゲーム。今年も一等食器洗い乾燥機など豪華な商品があり、司会のスパイダーマンが番号を読み上げる度に、会場内にはどよめき・ため息が上がりました。
ビアガーデンなどの夜店にも大勢のお客さんが並び、繁盛していた様です。
〔邑智クイーンJr〕
〔邑智スパローズ〕
〔千原神楽団−大蛇退治〕
〔打ち上げ花火の数々〕
〔ビンゴゲーム〕
〔会場風景〕
〔夜店〕
〔ナイスショット〕
7月19日
(火)
梅雨明け
昨日(7月18日)、中国地方から関東・甲信地方までの広い範囲で梅雨明けしたようです。
中国地方は平年より2日早く、昨年より5日遅いとの事。当地は昨日・今日と30℃を越す真夏日、昨日は工場の下にある『君が淵」で早くも高校生が水遊び。長雨で、普段の水量の何倍もの水で水温も相当低かったと思うが、なんのその、3時半過ぎまでワイワイがやがや、楽しんでいたようです。
7月17日
(日)
第1回美郷町議会議員一般選挙投票結果
大和村と合併して初めての町議会議員一般選挙の投票がありました。
午前7時から投票が始まり午後6時に締め切られました。午後8時から山村開発センターにて即日開票され、午後8時30分より30分毎に開票速報が防災無線にて放送され、午後10時20分には100%の開票結果が出ました。好天で出足も良く、投票率もまあまあだったと思います。開票結果詳細は、下記の通りです。

 有権者数 5,272人 投票者数 4,725人 棄権者数 547人 無効票 39票 投票率 89.62%


安田勝司 
60歳 乙原
454票

原 修
58歳 別府
364票

品川光博
68歳 浜原
326票

波多野祐康
65歳 都賀西
310票

籏根正一
56歳 都賀西
297票

佐竹一夫
62歳 粕渕
295票

黒川民次郎
55歳 都賀行
289票

西嶋二郎
51歳 比敷
270票

景山良材
66歳 酒谷
259票

岡崎利和
54歳 都賀行
254票

吉田義雄
70歳 別府
251票

伊藤 豊
53歳 久喜原
249票

井下慈海
50歳 浜原
246票

高橋紘紀
62歳 千原
238票

藤田道之
61歳 吾郷
234票

築橋良治
56歳 九日市
224票

杉本竹弘
73歳 粕渕
126票
7月12日
(火)
第1回美郷町議会議員一般選挙告示
大和村との合併後初の町議会議員一般選挙が告示され、17人の方が届け出をし5日間の選挙戦が始まった。
定数は、これまでの24人から14人に減り全町1区で実施される。旧邑智町から12人、旧大和村から5人立候補され、現職15人・新人2人で、新人はいづれも旧邑智町で浜原の井下滋海さん・乙原の安田勝司さんです。沢谷からは、現職の景山良材さん(酒谷)・築橋良治さん(九日市)・高橋紘紀さん(千原)の3人が立候補された。
旧邑智町では、上原豊弘さん(上川戸)・山中申さん(高畑)・川角信義さん(地頭所)・沖野健さん(乙原・町長に転進)の4人が勇退され、旧大和村では現町議会議長の香川氏ほか4名が勇退された。当初は、旧邑智町で井下・安田氏のほか2名の方の立候補が取りざたされたが、今回は見送られたようだ。
投票は7月17日(日)午前7時から午後6時まで。開票は午後8時からで11時過ぎには大勢が判明する見通しです。当日の選挙人名簿登録者数は5,362名です。
7月8日
(金)
健康診断
昨日・今日と交流センターで健康診断がありました。
昨日は石原・熊見・千原・西ノ原・片山地区、今日は酒谷・猪子田・湧久利原・花の谷・九日市町・井元。皆さん、久方ぶりに会う人と世間話に花を咲かせ、ワイワイ・がやがや、楽しそうでした。

邑智高校統合反対横断幕・看板設置
邑智高校統合に反対する横断幕・看板が町内5箇所に設置されました(写真がなかなか撮れなく、また撮ってからもぎっくり腰でアップできませんでした)。
6月29日
(水)
第1回美郷町民ふれあいソフトボール大会試合結果
今日午後6時30分より、石原軍団×浜原ゲッツの試合がありました。
朝方小雨が降り天気が心配されましたが(ソフトが延期に成っても雨が欲しかった、と一部で声あり・・・・)、無事試合が終わりました(第3試合は雨に降られたと思います)。結果は6回時間切れの10:4で石原軍団の勝利。選手、応援の方々お疲れさんでした。
次回3回戦は7月6日第1試合(午後6時30分より)相生町自治会チーム(粕渕)と対戦です。尚、7月4日午後7時40分より女子の部で、沢谷体協チームがホタル久保チーム(粕渕)と対戦します。皆さんの応援よろしくお願いいたします。
6月27日
(月)
暑い!!、雨がパラパラと・・・
一昨日の土曜日(6/25)、昼過ぎの気温が34℃あった。津和野で35.2℃、鳥取県智頭町で35.9℃と過去最高記録を更新した。前日の金曜日も真夏日、昨日の日曜日も全国的に暑かった。
昨日は11時頃・今日は5時過ぎ、お湿り程度の雨が降った。ホントお湿り程度、畑には効果なしです。


沢谷小学校跡地環境整備
5月26日(土曜日)午後6時より旧沢谷小学校周辺の環境整備(草刈など)がありました。今年第1回目は3区・4区が当番。皆さん思い思いの道具を持ち寄り、草刈・つつじの剪定・落ち葉寄せなどてきぱきとこなされ、7時前にはすっかり綺麗になりまし、た。

第1回美郷町民ふれあいソフトボール大会試合結果
今日午後7時40分より、酒谷×城山(粕渕)の試合がありました。
両チームとも選手9人と少数精鋭で、和気あいあいの仲真剣に戦っていました。結果は5回時間切れの18:0で酒谷チームが惜敗。酒谷チームの皆さんお疲れさんでした。腰痛の専教寺さん・栄作君、ひどく成らなければいいですが・・・・。お大事に!!
この試合で1回戦が終わり、第3試合より2回戦が始まりました。石原軍団×浜原ゲッツの試合は、6月29日(水曜日)午後6時30分からです。皆さん方の応援よろしくお願いいたします。
6月23日
(木)
邑智高校統合方針、6月定例県議会にて再度提示!!
22日(水)開会した6月定例島根県議会にて、澄田県知事は邑智高校と川本高校の統合について『学校規模の適正化を図り、特色ある普通化総合選択性の導入で教育環境の充実を図る』とし、2007年度の統合方針を再度提示した。
6月22日
(水)
町政懇談会
昨日(6/21)、午後7時30分より沢谷交流センター体育館にて、沖野町政初めての『町政懇談会』が沢谷連合自治会の主催で開催された。沖野町長以下、吉川助役・田辺教育長そして土井総務課長をはじめ14の課の課長及び大和事務所長が出席・沢谷地区民50人余りが参集、9時30分過ぎまで新生『美郷町政』に関する説明・質疑応答がありました。
坂東連合自治会長の開会の挨拶に続き、沖野町長が挨拶の後、邑智高校統合の件の経過報告をされ、その後町政全般の説明をなされた。その後、勝部行財政改革推進課長・樋ケ財務課長よりそれぞれの説明がありました。
質疑応答に入り、花の谷の桜井さんほか4名の方が質問された。

    1、県道邑智赤来線の改良工事(花の谷付近・市)の進捗状況は?
    2、沢谷交流センター(沢谷公民館)の利用状況は?
    3、町会議員の定数削減は・・・(町職員数削減に関連して)
    4、石見銀山街道の整備・保存は如何に?
    5、町職員の給料は高いと思うが・・・(課長職一人で新高卒3人雇えるが・・・・)
    6、臨時雇用の職員数は・待遇は?
    7、(小学校は統合したのだが・・・)保育所の統合はあるのか?
    8、東京邑智会など出身者会に一般の人の出席を

などの質問があり、担当課長より説明・回答がありました。最後に坂東連合自治会長より、交流写真展・盆踊り大会への協力を要請する挨拶があり、会を閉じられた。
6月21日
(火)
『第1回美郷町民ふれあいソフトボール大会』試合結果
昨日(6/20)より始まった『第1回美郷町民ふれあいソフトボール大会』、第1試合に千原チーム、第3試合に石原軍団が出場。千原チームは、選手17人・応援団17人と大勢繰り出しましたが、残念ながら21:4で相生町自治会チーム(粕渕)に惜敗。第3試合の石原軍団は、千原チームの敵討ちとばかりに29:0で久保ヒカルゲンジを打ち破りました。石原軍団、次の試合は6月29日第1試合18:30分より元町チーム(粕渕)と対戦します。3回戦目指し頑張って〜〜。千原チームの選手・応援の皆さん、お疲れさんでした!!
6月20日
(月)
東京邑智会
先日(6月12日日曜日)、東京邑智会の総会が開催され、沖野町長はじめ品川町議会副議長・田辺企画課長・坂東商工会副会長など行政・議会・商工会などの方々が出向かれ、『餅つき』などあり盛会だったようです。沢谷出身の方達の記念写真が届きましたので掲載します。(6/22餅つきのスナップ追加)
6月16日
(木)
邑智高校・川本高校統合方針撤回を要望
昨日(6/15)、沖野美郷町長・渡辺邑智高校PTA会長・伊藤邑智町商工会長ほか町議会議員・町民など21人が、島根県庁に澄田島根県知事を訪ね、邑智・川本高校の統合方針撤回を要望した。
沖野町長から邑智高校存続に向け、乏しい財源から過去3年間で1,500万円の補助をしたことが説明され、また商工会・地元自治会関係者からも『街の火を消さないで!!、統合後はどうなる?見えない!!』と統合に反対を訴え、3,755人の統合反対の署名を澄田知事に手渡した。
しかし、澄田知事からは『小規模校では学習や部活動で制約が生じる、望ましい環境の提供という教育上の観点から統合を判断、方針を変更することは無い』との終始一貫した回答。
一方『統合反対の熱意は胸に迫る。断腸の思いだろ』と統合され高校のなくなる美郷町の感情には理解を示し、『統合校は、地域と密着したもので無ければならない。要望に沿った特色ある教育が出来るよう意見を聞かせてほしい』と、統合への理解と協力を求めた。
6月14日
(火)
第1回美郷町民ふれあいソフトボール大会組み合わせ決定!!
6月6日に締め切られた『第1回美郷町民ふれあいソフトボール大会』の参加チームと、試合の組み合わせが決まりました。
地域の部27チーム(大和地区から3チーム)、女子の部7チームが参加します。沢谷からは、地域の部に酒谷・千原・石原軍団の3チーム、女子の部に沢谷体協チームが参加します。初戦はは6月20日(月)午後6時半から、優勝決定戦は7月25日(月)午後6時半からの予定です。沢谷チームの試合予定は次の通りです。
   地域の部
     千原×相生町自治会・・・・・・・・・・1回戦・6/20(月)・第1試合(18:30から)
     石原軍団×久保ヒカルゲンジ・・・1回戦・6/20(月)・第3試合(20:50から)
     酒谷×城山・・・・・・・・・・・・・・・・・1回戦・7/4(月)・第2試合(19:40から)
   女子の部
     沢谷体協×ホタル久保・・・・・・・・1回戦・6/27(月)・第2試合(19:40から)
各チームの選手の方々頑張ってください!!地域の皆さん、応援よろしくお願いします!!
6月12日
(日)
梅雨入り
昨日は入梅、奇しくも梅雨入りとなった。平年より5日、昨年より13日遅いとの事。一昨日は九州地方が梅雨入りだった。
一昨夜は、結構強く雨が降ったようで沢谷川も増水し江川も増えたので、明け方無線で『浜原ダムから水が出ます』と放送していた。明塚発電所も発電開始したようです。畑も久方振りの雨で元気が出たようです。
6月10日
(金)
雨が・・・・・
やっと雨が降りそうです。先月の18日以来24日振りです。途中、今にも降りそうな時がありましたが、そのときは大田から粕渕方面が降った様です。先週の日曜日、環境美化の日にも小雨がパラパラとしましたが、それで終わりました。
昨日の新聞記事では、吾郷の明塚発電所が水不足で5月31日から発電を停止しているとの事。1953年建設以来水不足で長期運転停止したのは、1994年夏以来2度目との事です。
天気予報によると明日は一日弱い雨が降るようですが、その後天気は回復しそうです。どうか、夜の内ににしっかり降ってほしいものです。
午後5時過ぎ
舗装の上にパラパラと

午後7時前
舗装が全面に濡れた
6月5日
(日)
環境美化一斉行動の日
今日は『環境美化一斉行動の日』。九日市町・井元地区でも、午前8時より井元三叉路に集合し漆谷自治会長さんの挨拶の後、各小組毎に分担の地域を清掃。10時過ぎには除草・片づけが終わり地区内の道路は綺麗になりました。
5月28日
(土)
高校統合問題、関係首長に説明
本日(5/28)の新聞報道では、昨日(5/27)島根県教育委員会が美郷・川本両町の首長を訪ね、2007年度に邑智・川本高校を統合し、川本高校を統合校とすると計画を説明した。美郷町の説明会では、邑智高校の保護者など29人が同席し、『統廃合基準はクリアーしており計画は地元軽視』と強く反発したとの事。

沢谷地域自治会長、元気な集落作り事業計画策定委員会及び地域担当職員合同会議
今日(5/28)、沢谷交流センター体育館において午後7時30分より『沢谷地域自治会長、元気な集落作り事業計画策定委員会及び地域担当職員合同会議』がありました。
沢谷連合自治会長の坂東さんの挨拶に続き、会計報告・監査報告がありました。また先日開催された美郷町連合自治会長会の報告や、交流センターの草刈・火事見舞い・邑智小学校教育後援会・盆踊り・交流写真展などについて報告・提案がありました。
又、沢谷地域担当町職員より、行財政審議会・17年度公共事業・産業際・定住対策事業・健康食品事業・ふれあいソフトボール大会などについて説明があり、最後に邑智高校統合に関する経過説明がありました。
月末であったため小組みの常会などがあり一寸出席が少なかったが、10時前まで熱心な討議がなされた。
5月26日
(木)
邑智高等学校、川本高等学校と統合!!
 5月21日(土)の新聞報道によると、山陰両県初の普通化総合選択制を導入して、川本高校と邑智高校を統合し2007年4月に開校すると言う素案をまとめ、校舎は川本高校を使用する計画だが開校時期などをめぐってなお慎重な意見も在るとの事。
5月25日(水)の新聞報道によると、県立高校の再編で、邑智高校と川本高校を統合し、県内初の普通化総合選択制高校として2007年4月に現在の川本高校に開校させると県が発表したとの事。統合により活力が失われると反対の強かった美郷町に配慮し、高校再編とは切り離した振興策を検討するほか、通学範囲が広がるため、バスなど通学手段の確保も考えるとの事。川本高校は、本年度採用を1学級減の2学級に減少したため、県と県教委は3学年とも2学級になる前に統合すべきと判断し、時期は07年度を打ち出したとの事。
今日(5/26)の新聞報道によると、島根県公立高校教職員組合が25日、県立高校再編で県が示した邑智高校と川本高校の統合方針について、両校は再編計画の基準に達していないとして、反対する声明を発表したとの事。声明では、地元の生徒や保護者、教職員の合意が必要として、方針の撤回を要求したとの事。                       
5月23日
(月)
木積スポ少敢闘!!
昨日(5/22)、木積スポーツ少年団は松江市の島根県立武道館で行われた『島根県少年剣道練成大会及び全国大会島根県予選』に出場し、下記の様な好成績でした。選手の皆さんおめでとう!!

  団体戦      小学校低学年(4年生以下)・・・準優勝
             選手:添谷友貴・道下優大・大草証羽・山岡 麻衣 ・渡辺悠史
                中学校の部・・・優勝
             選手:原 悠一郎・岡田翔太・田邊康弘・藤田晃司・三上悠

   個人戦      中学校の部
             選手:岡田翔太・・・ベスト4

団体戦で優勝した中学生チームは、東京の日本武道館で8月に行われる全国大会に出場します。健闘を祈ります。
5月2日
(月)
九日市簡易郵便局移転!!
九日市町上の九日市簡易郵便局が、本日(5月2日)より九日市集会所(旧沢谷公民館)の玄関横の図書室にて移転営業となりました。新局長は湯抱の福岡奈穂子さん(旧姓青山)です。旧局長の泉浄恵さん(石原)は38年間務められたとの事、お疲れ様でした。新局長の福岡さん、よろしくお願いいたします。

田植え!!
懐かしい手植えで田植えです。
九日市町下の佐和toshioさん宅で、近年では珍しい手植えによる田植えが行われていました。帰省中の次男さん家族4人が手伝いをされ、3畝余りの田圃で賑やかに楽しんで田植えをされていました。
4月12日
(火)
交通安全協会沢谷支部総会
先日(4月5日)、沢谷交流センターにて交通安全協会沢谷支部の総会が有りました。
三役・理事・代議員の出席の下、平成16年度の事業・会計報告、平成17年度の事業・予算案が呈上され拍手を持って承認されました。続いて役員改選があり、平成10年より会長を務められた桜井哲照さん(九日市町上)が退かれ、会計を務められていた上原義弘さん(猪子田)が次期会長に選任された。事務局長の福間定さん(光峠)も退かれ、次期事務局長には花田昇吾さん(上石原)、会計には渡辺康文さん(連水)が選任された。
退任された桜井さん・福間さんご苦労様でした。次期会長の上原さん・事務局長の花田さん・会計の渡辺さん、よろしくお願いいたします。
4月10日
(日)
タイムカプセル
今日(4月10日)、九日市の『ちびっ子広場』に於いて『中山間地域活性化事業九日市町下実行委員会』により、タイムカプセルの埋設がありました。
朝9時、強く吹く風の中、九日市町上下の老若男女(4歳から88歳まで)26人が集まり記念写真を撮った後、埋設用の穴を掘る人・花壇の草取りをする人・懇親会の準備をする人などに別れ作業をしました。タイムカプセルには、思い出の写真、20年後の自分・子供たちへのメッセージ、今日の新聞、子供たちは自作の絵をそれぞれ入れ、しっかりとボルトを締めコーキングして埋めました。風が強いため桜の下での懇親会は諦め、昨年10月より『九日市集会所』となった旧沢谷公民館の2階広間で、12時過ぎまで楽しく過ごしました。開封は20年後の2025年4月10日です。

記念写真

元気なtorayannが・・・

沢山のメッセージが・・・

コーキングして

再度増す締め

埋設

踏み固めて・・・

乾杯!!

お疲れさんでした!!

たこ焼きも・・・

子供たちも・・・

世間話に・・・

美味しかったな〜〜
歴史講座
4月9日(土)午前10時より、九日市の『ふるさと おおち伝承館』に於いて、沢谷公民館主催の『歴史講座」が開催され、郷土史家の藤原明昊さん(酒谷)による、石見銀山街道の講義がありました。
昨日は、最高気温28℃と言う陽気で前川桜も一気に開花し、講義の間の休憩にはボランティアグループ『まごころ邑智』による湯茶の接待があり、桜の下の縁側で「煎茶に散らし寿司のおにぎり、利休饅頭」をご馳走になり、世間話に花が咲いていた。沢谷地区外からも数人来られ、またアマチュアカメラマンが前川桜の撮影をされるなど賑やかでした。

開講前の・・・

木村館長の挨拶

講師の藤原昊さん

メモを取って・・・

スライドを使って

桜の下で・・・

外では・・・

ちょっと一服

一気に開花の・・・

広島からお出での・・・

講義再開・・・

講義を終わって

接待の方たち
3月19日
(土)
美郷町合併記念式典
3月17日(木)、山村開発センターで美郷町合併記念式が有りました。国・県・町の行政関係者、自治会長など220人が出席し、邑智・大和両小学校の児童5人による、美郷町町民憲章の読み上げで、式が始まりました。沖野健町長は『決して平坦な道ではないが、町民一人一人が輝くよう、協働の街づくりに取り組む』、と力強い決意を披露された。また公募した新町の『花』と『木』が、それぞれ『石楠花』『梅』に決定した事が報告された。席上、合併に貢献したとして、林元邑智町長・藤田元大和村村長などが総務大臣表彰を受け、県知事・美郷町長から感謝状が贈られました。

『沢谷を愛する人々の交流写真展』第1回実行委員会開催
3月17日(木)、上川戸『ゆるり』にて発案者の増本欽紀さんを迎え、10人の委員が集まって開催しました。実行委員長に坂東連合自治会長を選び、増本さんより趣旨説明をしてもらい、色々と討議した結果、あらすじが下記の様に決定しました。

      主   催   『沢谷を愛する人々の交流写真展』実行委員会
      後   援   サイト『石見銀山街道 九日市宿』
      開催日時   8月8日(月)〜8月20日(土)(盆休みを中心に)
      会   場   『おおち伝承館』『交流センター』の2会場
      事務局       交流センター
      写真サイズ  最低A4サイズ(小さいものはスキャナーで取り込み拡大する)
      参加料       不要
      資   金   協賛企業の寄付など

次回の実行委員会を3月28日(月)に開催する事を決め、10時前に閉会した。     
2月21日
(月)
第39回邑智郡小中学校剣道練成大会
2月20日(日)、邑智郡が3つの町になって初めての郡大会が、邑南町矢上高校体育間にて開催された。個人・団体ともに『木積スポーツ少年団』は大健闘でした。
試合結果は下記の通りです(資料は美郷町剣道連盟事務局の桧垣さんに頂きました)。
個人の部
種目 優勝 準優勝 第3位 第3位
小学校
低学年男子
道下優大(木積スポ小) 熱田勝久(田所スポ小) 平岡大樹(日貫剣志会) 松井 優(川本剣友会)
小学校
低学年女子
藤原叶子(木積スポ小) 木村 綾(木積スポ小) 新屋颯華(矢上剣道ク) 竹内美紀(桜江剣友会)
小学校
中学年男子
梶谷悠介(田所スポ小) 難波和弘(大和小) 野村大祐(大和小) 上田光流(石見剣友会)
小学校
中学年女子
山崎由佳(日貫剣志会) 清水円香(矢上剣道ク) 寺本佳織(矢上剣道ク) 山岡麻衣(木積スポ少)
小学校
高学年男子
貝谷征哉(木積スポ小) 田邉 航(木積スポ小) 漆谷建治(大和小) 本山祐樹(桜江剣友会)
小学校
高学年女子
岡口成美(桜江剣友会) 貝谷 唯(木積スポ小) 高木明衣(木積スポ小) 田邉いずみ(木積スポ小)
中学校
 男 子
岡田翔太(木積スポ小) 田邉康弘(木積スポ小) 井上晃一(桜江剣友会) 長谷川 翔(桜江剣友会)
中学校
女子
山崎麻美(木積スポ小) 藤田綾乃(瑞穂中学校) 田邉めぐみ(木積ス) 山岡恵里香(木積ス)
団体の部
種目 優勝 準優勝 3位 3位
小学校
低学年男子
田所剣道スポーツ少年団 大和小学校A 日貫剣志会 小松地剣道クラブ
小学校
低学年女子
木積スポーツ少年団 大和小学校A 矢上剣道クラブA 桜江剣友会
小学校
高年男子
田所剣道スポーツ少年団 川本少年剣友会 木積スポーツ少年団 大和小学校A
小学校
高年女子
木積スポーツ少年団 小松地剣道クラブB 日貫剣志会 小松地剣道クラブA
中学校
男 子
木積スポーツ少年団 桜江中学校    
中学校
女 子
木積スポーツ少年団 桜江中学校 瑞穂中学校  
礼儀作法優良団体
種目 チーム名 チーム名 チーム名 チーム名
小学校 日和剣道教室 石見剣友会 小松地剣道クラブ 川本少年剣友会
中学校 瑞穂中学校 桜江中学校 木積スポーツ少年団  

2月1日
(火)
第1回美郷町剣道練成大会
1月30日(日)、新町となって始めての町内大会が、邑智高校体育館にて開催された。
インフルエンザが猛威を古い、参加者は少な目だった様ですが、肌を刺す寒さを物ともせず、気合の入った試合が展開されたようです。試合結果は下記の通りです(参加者・応援の方たち・お世話いただいた方たちご苦労様でした)。
個人の部
種目 優勝 準優勝 第3位 第3位
低学年 藤原 叶子(木積) 木村 彩(木積) 的場 紘平(木積) 中迫 勝紀(小松地)
中学年男子 田村 凌太郎(小松地) 難波 和弘(大和) 野村 大祐(大和) 津田 康宏(大和)
中学年女子 石井 春菜(小松地) 井上 瑞菜(小松地) 山岡 麻衣(木積) 木村 萌(木積)
高学年男子 貝谷 征哉(木積) 三上 健吾(大和) 布元 亮(大和) 田邉 航(木積)
高学年女子 高木 明衣(木積) 山崎 浩美(小松地) 貝谷 唯(木積) 田邉 いずみ(木積)
団体の部
種目 優勝 準優勝 第3位 第3位
低学年 連合チーム 木積スポーツ少年団      
中学年男子 小松地少年剣道クラブ 大和剣道教室 木積スポ少A 木積スポ少B
中学年女子 木積スポーツ少年団         
高学年男子 木積スポーツ少年団 大和剣道教室 小松地少年剣道クラブ   
高学年女子 木積スポーツ少年団 小松地少年剣道クラブ      
中高一般 邑智A 石原・熊見・九日市
連合軍
大和D 邑智高校藤本会
1月28日
(金)
振り込め詐欺
ついに沢谷でも1月26日(水)、『振り込め詐欺』発生、未遂に終わったようですが他人事ではなくなりました。
葉書による入金請求はあっちこっちであったようですが、電話による『振り込め詐欺』は初めてのようです。皆さん気を付けて下さい。まずは電話を切り、事実の確認をし、そして警察へ届出を・・・・。対策はこちらからこちらからも
1月27日
(木)
インフルエンザ(一寸古いニュースなんですが・・・・)
町内の学校・保育所でインフルエンザが猛威を振るっています。先週19日と20日の2日間、邑智小学校の2年3年4年生は学年閉鎖した。そのあと1年と6年も。そして今週火曜日(25日)には5年生が。同日は、大和小学校の1年生も学年閉鎖だったそうだ。今年のインフルエンザは凄いです。皆さん気を付けて〜〜〜!!

触れ合い餅つき大会(これも先週のニュースですが・・・)
1月22日(土曜日)、沢谷交流センターにて、沢谷保育所と沢谷和老会の『触れ合い餅つき大会』がありました。園児10人と和老会の皆さんと父兄20人余りが参加し、楽しく賑やかに餅つきをしました。その後、園児が歌や踊りを披露し観客からヤンヤの喝采だったようです。そして最後に、皆で美味しいぜんざいを食べました。皆さん和やかなひと時を過ごされた様です。詳細は後日沢谷保育所だよりで・・・・(写真提供沢谷交流センター)。

元気な園児10人!!
和老会と父兄の方たち
1月17日
(月)
沢谷駅前にバス停が・・・
昨年末、下石原の貝谷腎(かいたに むらと)さんが沢谷駅前のバス停を立て替えられました。
昨年の台風で倒壊したバス停が、修理しても雨漏りはするし風通しが良すぎ、この春統合しバス通学となった小学生たち10人が寒風にさらされるのが可哀想と思い、一念発起、改築を思い立たれました。60歳過ぎまで『日新ホーム』に勤められ、大工仕事はお手の物。木材は上石原の漆谷巌さんが提供され、設計・墨着け・刻みを一人でやられ、組み立ては近くの貝谷博孝さんと神田富雄さんに手伝ってもらい5日間で完成されました。腰掛には知人から提供されたマットが敷かれ、壁には15年前くらいから習われておられる、小原流の生花の小品(正月飾りの残り物だそうです)が飾られていた。これで子供たちもほっと一安心、ホットな気分。ホットな話です。

笑顔の貝谷腎さん

小品の生花

手前が以前の物

新聞の紹介記事

記事詳細

下石原にバス停が・・・・
先日(12月?日)、下石原の沖田由美子さん宅前に石見交通のバス停が設置されました。近くには高齢の方が多く、バスに乗るには沢谷駅前か上乙原のバス停しかなく、どちらも遠い。自治会の陳情に石見交通さんが快く承諾されバス停が設置されました。高齢化時代の粋な計らいです。ホットな話U!!でした。
1月5日
(水)
消防出初式!!
美郷町出初式が有りました。
午前8時召集のサイレンが鳴り、団員320名余りポンプ積載車など28台が邑智小学校校庭に集合。8時20分より沖野美郷町長による通常点検、小隊停止間訓練の点検が有りました。
10時より開発センターにて出初式が挙行され、沖野町長の挨拶の後消防庁長官の祝辞の伝達、町議会議長・川本警察署長ほか来賓の方々の祝辞が有りました。その後消防長官表彰2名の方を始め50名の方が表彰されました。
11時20分よりラッパ隊を先導に分列行進、美郷町庁舎前から商店街を通り、大勢の町民の拍手の中尻無川下流の水親広場に到着。11時50分、沖野町長を始め来賓・町議会議員の方々の見守る中、エンジン音も高らかに一斉放水が始まりました。曇り空で虹は見えませんでしたが、高く上がる水の勢いは力強い物を感じました。


BackNumber

せきしゅう さわのごう いわみぎんざんかいどう ここのかいちじゅく